平成29年 第 3回 沖縄県議会(定例会)
第3号 6月30日
 
 
答弁:宮城建築部長
 
 3.  土木行政について

(1) 北谷町砂辺浜川地域(嘉手納基地第1ゲート前・旧コザ信用金庫北谷支店前)の国道58号の出口は、朝夕の渋滞はもとより日中も大きな交通渋滞があり、地元地域から問題解決の要請を受け、私は平成247月・平成276月に一般質問で取り上げて地元住民と防衛局に要請行動した。県は これまで問題解決のために どのような取り組みをしてきたか
   
   
 平成27年 第 2回 沖縄県議会(定例会) 第 5号  6月30日  
 5、道路行政について。
 
 (4)、北谷町砂辺第1ゲート近くの交通渋滞対策について。



答 弁 土木建築部長(末吉幸満)

同じく道路行政についての御質問の中で、砂辺第1ゲート近くの渋滞対策についてお答えします。
 国道58号の北谷町砂辺第1ゲート前の砂辺南交差点については、沖縄地方渋滞対策推進協議会において抽出した主要渋滞箇所には含まれておりません。

平成27年6月30日 一般質問
答弁:末吉土木建築部長 

 
 しかしながら、当該交差点の南側にある、国体道路入口交差点が主要渋滞箇所となっており、同交差点の影響を受けているものと考えております。
 現在、国において、国体道路入り口交差点を含めた主要渋滞箇所について、渋滞対策を検討しているところであり、これらの対策の実施によって、砂辺第1ゲート前付近についても緩和されるものと考えております。なお、その後の交通状況を踏まえ、渋滞が続くようであれば、国と調整をしてまいりたいと考えております。 
 
   
 平成24年 第 3回 沖縄県議会(定例会) 第 6号  7月 9日  
4、土木行政について。

また、北谷町道砂辺浜川境界線(コザ信用金庫北谷支店前)の国道58号の出口は、朝夕の渋滞はもとより日中も大きな交通渋滞を引き起こしている。その原因として、国道58号那覇方面から嘉手納基地第1ゲート入り口の右折帯に嘉手納基地への進入車両が殺到することや、砂辺浜川境界線からも第1ゲートに入るため国道58号の右折帯に進行できない車両が後方車両の進行を妨げていることも大きな要因となっております。また、昨年まではコザ信用金庫前の商業施設、私有地の道路を国道58号へ出口として利用していたため、交通渋滞が緩和されていましたが、商業施設の私有地道路が閉鎖によって交通渋滞はさらに激しくなっております。渋滞解消のために第1ゲート付近一帯の国道58号の交差点の改良が必要です。交通渋滞を解消するために県が沖縄防衛局や国道事務所など、また米軍に強く働きかけ第1ゲート付近一帯の国道58号の交差点改良工事に取り組んでほしい。
 
平成24年7月9日 定例会

答弁者: 土木建築部長:当間清勝氏
 
(3)、北谷町道砂辺浜川境界線(コザ信用金庫北谷支店前)の第1ゲート付近一帯の国道58号の交差点改良についてお伺いします。
 

答 弁(土木建築部長)
同じく土木行政で、第1ゲート付近の国道58号交差点改良についてお答えいたします。
 国道58号の嘉手納基地第1ゲート付近の交差点については、朝夕の交通渋滞が発生していることは認識しております。現在のところ、交差点改良等の計画はありませんが、交通量調査を実施し、現況を把握した上で、沖縄総合事務局が検討を行うと聞いております。
 同じく土木行政で、県道29号線整備に伴う住宅及び店舗への進入道路についてお答えいたします。
 県道29号線の道路整備に当たっては、地権者等に対し事業説明会や用地説明会を行って事業を進めております。しかしながら、用地補償を伴わない現道沿いの住民への説明が不十分であったことから、昨年3月に現道沿いの住民に説明を行ったところ、住宅や店舗への進入の確保の要望がありました。これを受けて、ことし2月に進入路を含めた交差点計画に見直し、関係住民に説明を行ったところであり、現在、同計画での整備に向け公安委員会と協議を行っているところであります。

 
     


Copyright © 2012 Kiyoki Nakagawa All Rights Reserved.