平成23年 第 8回 沖縄県議会(定例会)

第 8号 12月 8日 一般質問

4、道路行政について。
(6)、西原町(棚原付近)県道29号線拡張工事に伴い地元に事業の説明がないまま工事が進められ、住宅及び店舗に進入道路が確保されていません。地域住民の生活に支障が生じている。県の見解をお伺いしたい。
 

答弁

同じく道路行政で、県道29号線拡幅に伴う住宅及び店舗への進入道路についてお答えいたします。
 県道29号線の道路整備事業は、現道の交通渋滞を緩和するため4車線に拡幅するもので、平成19年度から事業に着手しており、沿線には琉球大学、同大学病院及び沖縄キリスト教学院大学等の施設が立地しております。
 事業に際しては、地権者等に対し事業説明会や用地説明会を行っております。しかしながら、用地補償を伴わない現道沿いの住民への説明が不十分であったことから、ことし3月に現道沿いの住民に説明を行ったところであります。この説明会において、住民から要望のある住宅や店舗への進入を確保する方法について現在関係機関と協議を行っているところであります。

 

平成24年 第 3回 沖縄県議会(定例会)

第 6号  7月 9日 一般質問

4、土木行政について。
(4)、西原町(棚原付近)県道29号線拡張工事に伴い、地元に事業の説明がないまま工事が進められ、住宅及び店舗に進入道路が確保されておりません。(地域住民の生活に支障を来している。)県の見解を伺いたい。

答弁

同じく土木行政で、県道29号線整備に伴う住宅及び店舗への進入道路についてお答えいたします。
 県道29号線の道路整備に当たっては、地権者等に対し事業説明会や用地説明会を行って事業を進めております。しかしながら、用地補償を伴わない現道沿いの住民への説明が不十分であったことから、昨年3月に現道沿いの住民に説明を行ったところ、住宅や店舗への進入の確保の要望がありました。これを受けて、ことし2月に進入路を含めた交差点計画に見直し、関係住民に説明を行ったところであり、現在、同計画での整備に向け公安委員会と協議を行っているところであります。

 


Copyright © 2012 Kiyoki Nakagawa All Rights Reserved.